[更新日:2022/04/01(金)09時08分41秒]
  東京都は31日、都内の新型コロナウイルスの新規感染者のうち、オミクロン株の系統の中でも感染力が強いとされる「BA・2」の疑いと判定された割合が
  52・3%まで上昇したと発表した。都内の新規感染者は今週に入って増加傾向に転じており、専門家はBA・2の拡大が一因とみている。
  https://www.yomiuri.co.jp/national/20220331-OYT1T50251/
  
  
   都は1月末以降、一部の感染者の検体についてBA・2疑いを判別するPCR検査を実施している。直近1週間(3月15〜21日)では、
  検査件数833件のうち半数超の427件がBA・2疑いと判定された。前週は39・6%、前々週は17・8%で、これまで主流だった
  「BA・1」からの置き換わりが急速に進んでいる。
  
  
   BA・2の感染力は、BA・1よりも1・2倍ほど強いとされる。
   厚生労働省の資料によると、全国のBA・2の割合は、2月は10%未満だったが、3月14〜20日には21・4%に上昇した。
  国立感染症研究所は、4月第1週には感染者の60%、5月第1週には93%に達するとの推計を示している。
  
  
   東京都内では「まん延防止等重点措置」が3月21日の期限で解除され、リバウンド(感染再拡大)の兆候がみられる。31日までの
  1週間平均の新規感染者は7530人で、前週の1・19倍となっている。
  
  
   重点措置の解除後、都内の繁華街の夜間の人出は増加し、26日までの1週間では前週から4・5%増えた。感染者の年代別では、
  行動が活発な10〜20歳代の割合が増えている。
  
  
   都のモニタリング(監視)会議のメンバーを務める国立国際医療研究センターの大曲貴夫・国際感染症センター長は、感染者の増加傾向について
  「BA・2への置き換わりが進んでいることと、歓送迎会や花見で人と人との接触が多くなったことが影響している」と指摘。都内の病床使用率は
  31日時点で24・3%と減少傾向にあるが、「このまま感染者が増加すれば、医療提供体制にも影響を及ぼす可能性がある」と警戒している。

戻る
実行時間 0.004秒