あやしいわーるど@軍艦島 広報室 連絡先 ツリー表示 iモード
投稿者
メール
題名  

内容 (適当に改行を入れてください。タグは使えません。内容を書かずに投稿ボタンを押すとリロードになります)


URL (リンクを入れたい場合はここに記入します)


表示件数  URL自動リンク  フォームOFF  リンク行OFF 

2008/07/15 から 30226(こわれにくさレベル2)  現在の参加者 : 1名 (300秒以内)


■ : フォロー投稿   ★ : 投稿者検索   ◆ : スレッド表示   ▽ : ツリー表示   最大登録件数 : 500件


  投稿者:    投稿日:2024/05/11(土)06時07分06秒           
イスラエル軍とイスラム主義組織ハマスのパレスチナ自治区ガザでの戦闘休止をめぐり、仲介国であるエジプトの首都カイロで行われていた交渉は9日、
合意に至らずに終了した。ハマスは戦闘終結を含む休戦案を承諾したが、ガザ最南部ラファへの侵攻計画を進めるイスラエルは受け入れを拒否した。
https://www.yomiuri.co.jp/world/20240510-OYT1T50042/


 米CNNによると、イスラエルとハマスの代表団、米中央情報局(CIA)のウィリアム・バーンズ長官はカイロを離れた。

 ハマス幹部は9日に出した声明で、イスラエル軍がラファ東部で限定的な軍事作戦を行っていることに触れ、「仲介国の努力を妨害している」と非難した。
一方、イスラエルの主要紙ハアレツは、ハマス関係者が交渉は決裂していないと語ったと報じた。


 イスラエル軍はラファへの地上侵攻計画を進めている。米国のバイデン大統領は8日、CNNのインタビューで、ラファに大規模な侵攻を行えば
武器や砲弾の供給を停止すると警告したが、イスラエル側は強硬姿勢を崩していない。


 ベンヤミン・ネタニヤフ首相は9日、声明で「単独で立ち向かう必要があるなら、そうするだろう」と述べた。ヨアブ・ガラント国防相も
「我々はハマスを攻撃する」と強調した。イスラエル軍は9日もラファでハマスを標的に空爆などの軍事作戦を続けた。


 米国のジョン・カービー大統領補佐官は9日、記者団に対し、ラファへの大規模な侵攻について、「バイデン大統領は特定の米国兵器が使われることを望んでいない。
侵攻が始まれば、大統領は決断を下さなければならない」と述べた。大規模侵攻が行われた場合、武器や弾薬の供給を停止する方針を改めて示したものだ。

  投稿者:    投稿日:2024/04/08(月)22時37分59秒           
米紙ワシントン・ポスト電子版は7日、ロシアのウクライナ侵攻を巡り、トランプ前米大統領がウクライナに南部クリミア半島や東部ドンバス地方
(ドネツク、ルガンスク両州)の国境地帯をロシアに割譲するよう圧力をかけることで終戦に持ち込めると周囲に語ったと報じた。関係筋の話としている。
https://www.47news.jp/10759584.html


 共和党のトランプ氏は11月の大統領選で返り咲けばロシアの侵攻を終わらせることができると豪語しているが、具体的な方法が報じられたのは初めて。
外交専門家は実際に割譲すればロシアのプーチン大統領を利し、武力による領土侵犯を看過することになると懸念を示している。


 トランプ氏は非公開の場で、ロシアとウクライナの双方が「メンツを保ちたいと考えており、解決策も求めている」と述べ、ウクライナの一部地域にいる市民は
ロシア領になってもかまわないと考えているとの見方を関係者に示したという。


 トランプ陣営の報道担当者は「トランプ氏の計画に関する臆測は、状況を把握していない匿名の情報源から来ている」として報道は不正確だとの声明を出した。

  投稿者:    投稿日:2024/04/08(月)17時01分43秒           
米で4月8日の地震を予知報道ameblo.jp/yoshi1020nihei/entry-12847334444.html

  投稿者:    投稿日:2024/04/06(土)06時07分33秒           
ガザで食料配布の国際NGOの車両がイスラエル軍に空爆され、オーストラリア人、英国人ら7人の援助スタッフが殺された事件で、ネタニヤフ首相は「誤爆」としているが、
ガザにいるアルジャジーラTVは現地調査報道で「意図的な攻撃」との見方を報じた。
https://twitter.com/kawakami_yasu/status/1775527700805165497


被弾した車両は目撃した住民の証言から、NGOの3台の車列は海岸道路の2・4キロほどの間に1台が被弾し、別の車両に負傷者を移して逃げていると2台目が被弾、
最後に3台目の被弾で全員死亡したいう。
上空からの攻撃で、援助の車列がドローンに追尾され、連続して攻撃されたことを示しているという。
https://video.twimg.com/ext_tw_video/1775876331437527040/pu/vid/avc1/1276x720/ZfbYb-p5LqIjfmr0.mp4

  投稿者:    投稿日:2024/04/05(金)14時30分29秒           
今月の8日に政府がホテル3000室近くを押さえているのは何故かとんでもない事企んでるameblo.jp/y05108429z/entry-12847073490.html

  投稿者:    投稿日:2024/04/04(木)12時31分53秒           
米下院のウォルバーグ議員(共和党)は30日までに、イスラエル軍が侵攻したパレスチナ自治区ガザに関し「ナガサキやヒロシマのようであるべきだ。早く終わらせられる」
と述べ、原爆投下を促すような発言をした。
https://news.yahoo.co.jp/articles/7892befc756647c24bd655668006735ca8c8acef


 ウォルバーグ氏の報道担当はワシントン・ポスト紙に「(イスラム組織ハマスという)敵に早く打ち勝つための例えだった」と説明したが、
同氏の地元ミシガン州の民主党議員らからは「おぞましい発言」と批判が集中した。


 同氏は25日、ガザへの人道支援のため米国が進める臨時の埠頭建設の必要性を問われ「人道支援には一銭も使うべきでない」と答えた後、
広島と長崎の発言を続けた。

  投稿者:    投稿日:2024/04/04(木)11時46分28秒           
何かが起きる4月8日ameblo.jp/yoshi1020nihei/entry-12846812050.html

  投稿者:    投稿日:2024/03/28(木)19時11分38秒           
 ロシア空軍がウクライナとの国境に近いロシア国内の地域の村を爆撃する様子を捉えたとされる動画が出回っている。
問題の動画は、ウクライナ人ジャーナリストのアンドリー・ツァプリエンコが3月15日にSNSにアップしたもの。
爆撃を受けた建物が大規模な爆発を起こし、粉々に砕け散る様子が映されている。
https://news.yahoo.co.jp/articles/686f746e134f0025b5dd754ce27c19b0a29e1936


この動画の公開に先立つ12日には、ウクライナ軍と共闘する3つの武装組織「自由ロシア軍団」、「シベリア大隊」と「ロシア義勇軍団」が、
ロシア南部のベルゴロド地方とクルスク地方にウクライナから越境攻撃を行っていた。
今回のロシア軍による爆撃も、その標的はロシアに越境攻撃を仕掛けるロシア人義勇兵たちだったと見られる。


2022年2月にロシアがウクライナへの本格侵攻を開始した数週間後に結成された自由ロシア軍団とロシア義勇軍団は、
戦闘が始まって以降、ウクライナと国境を接するベルゴロド地方に繰り返し侵入しており、
2023年10月に結成されたシベリア大隊は今回初めて、この2つの組織と行動を共にした。
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2024/03/post-104045_1.php

  投稿者:    投稿日:2024/03/28(木)17時48分52秒           
blog.goo.ne.jp/kimito39/e/aea6e8d56f3db7833b632ace0d186f28
同僚からたったいま電話があった彼女の息子は海兵隊員で日食の前日当日翌日は旅行しないようにと言われたそうだ懐中電灯電池現金食料水を必ず用意し携帯電話を充電しておくこと

  投稿者:    投稿日:2024/03/17(日)13時40分58秒           
ロシアのプーチン大統領は、ロシアは戦闘態勢にあり核戦争への準備も万端に整っているとしつつも、現時点では差し迫ってはいないと述べた。
同時に、米国がウクライナに派兵すれば紛争は大幅にエスカレートすると警告した。国営メディアとのインタビューでの発言が13日に報じられた。
https://news.yahoo.co.jp/articles/a0b6e8a0e5e0ba625827991193b9eebddf6fd1f2


プーチン氏は自身の勝利が確実視される15─17日の大統領選を前に国営メディアのインタビューに応じ、ウクライナで核兵器を使用する必要はない
としながらも、主権が脅かされれば核兵器を使用する用意があると強調。核戦争への準備ができているのかとの質問に対し、テレビ局ロシア1と
国営通信社RIAに「軍事技術の観点からは用意ができている」と応じた。


米国がロシア領もしくはウクライナに派兵すれば、ロシアは介入と見なすということを米国も理解していると指摘。「(米国には)ロシアと米国の関係や
戦略的抑制に関する専門家が十分にいる」と指摘。「よって、全てがそこ(核による対決)に急いで向かっているとは思わない。しかし、われわれに
備えはある」とした。


核使用に関する方針はロシアの軍事ドクトリンに明記されていると改めて言及し、「兵器は使うために存在する。われわれには独自の基本原則がある」と語った。
米が核実験を実施すれば、ロシアも行う可能性があるとも語った。「必要があるわけではなく、検討がなお必要だが、同様の行動を取り得ることは否定しない」とした。


ウクライナに関しては「交渉の用意がある」とした上で「現実に基づいて交渉する必要があり、向精神薬を服用後の強い欲求に基づくようなもので
あってはならない」と述べた。
米CNNは9日、2022年にロシアがウクライナで戦術核を使う可能性をバイデン米政権が懸念していたと報じた。
しかし、プーチン氏はウクライナで核兵器を使う必要性を感じたことはないと指摘。「大量破壊兵器を使う必要がなぜあるのか。
一度も必要は生じていない」と言明した。


フィンランドとスウェーデンの北大西洋条約機構(NATO)加盟については「無意味」と断じた上で、フィンランドとの国境に派兵し
破壊システムを配備すると述べた。
また、北朝鮮は独自の「核の傘」を持っているとし、北朝鮮が核についてロシアの支援を求めたことはないと主張した。    


米バイデン政権はこれまでもウクライナに派兵する計画はないと表明。プーチン氏の今回の発言に対し、今のところコメントしていない。

以上は、現在登録されている新着順1番目から10番目までの記事です。


実行時間 0.018秒